ステップアップ転職

プログラマー・サポートセンター

MENU

自分の人生をコントロールするステップアップ転職

「人事を尽くして天命を待つ」ということわざがありますが、自分の人生は、ある程度は思い通りにデザインできます。

 

よく、楽をして目的を達成できるような、胡散臭い広告宣伝を見ますが、はっきり言って、努力なくして目的を達成した人はいません。

 

参考)月20万円以上?今話題の副業
↑こんなおいしい話はないので、気をつけて下さいね。

 

いろいろ調べると、成功した人たちに共有していることは、常に目的を達成するための努力をしています。

 

 

参考)つらすぎる日々に耐えかね事業の売却を考える


グーグルで、「成功者 努力」で検索すると、他にもたくさんの成功者の影の努力がわかります。

 

ただ、本人は夢を持って楽しんでやっているので、努力とは思っていないようです。

 

「楽しむ」、がキーワードです。

 

そして、目的を達成した後の自分を強くイメージすることです。

 

絶対に目的が達成できると自分を信じ切ることです。

 

逆に、迷いがあると、目的を達成するための努力する気力がわきません。

 

そして、もう一つ大事なことは、目的が正しい方向を向いていることです。

 

一般的には、どの物事にも、ライフサイクルが存在します。

 

 

携帯電話も、成長期、携帯会社や携帯販売の代理店が乱立して、ゼロ円携帯などでお客さんの取り込み合戦が起きましたが、今は成熟期で、携帯電話会社も、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3つに集約していきました。

 

そして、スマホ携帯が登場するとともに、携帯電話は衰退期に入ったのです。

 

つまり、導入期の商品・サービスに携われば、一生の仕事とするも可能です。

 

逆に、成熟期の商品・サービスに携われば、勤めている会社も衰退し、リストラになるリスクを負うことになります。

 

理想的には、これからの成長分野で勝ち残るであろう企業に就職することです。

 

新入社員として就職できなくても、周り道してでも、成長分野に就職しないと、40代、50代になってから後悔することになります。

 

急がば回れです。

 

40代、50代は、経営側としても現場の即戦力として使いにくいので、成長企業で十分な利益を出していれば、間接部門などで養うことができますが、会社が衰退企業であれば、リストラです。

ステップアップ転職のための求人情報の探し方

まず、自分が進むべき成長分野を決めることです。

 

おすすめの成長分野は、次の3つの分野です。

 

参考)今後20年生き残るのはプログラマーです。

 

人の作業を自動化するためのソフトウェア

単純作業を完全自動化するための装置のソフトウェアやロボットのプログラミング

 

参考)自動化ソフトエンジニアに必要なスキル

 

人工知能を実現するためのソフトウェア

社内の熟練工のノウハウの人工知能への置き換えるプログラミンング

 

参考)人工知能ソフトエンジニアに必要なスキル

 

デジタル化を実現するためのソフトウェア

お客様対応を自動化するサイトのプログラミング

 

参考)デジタル化ソフトエンジニアに必要なスキル

 

これらの分野のプログラマーとしてやっていくためには、それぞれ必要なスキルが異なります。

必要なスキルを身につけるための求人の探し方

最終目標の求人情報の見つけ方

ブックマークボタン